蔵に眠る古道具を再生活用 仙醸蔵元直売所

DSC_1564小

事務所を蔵元直売所へ改装 古道具の再生活用

仙醸本館に続き、
事務所棟の一部を店舗へ改装するご依頼をいただきました。

事務所および製造蔵は少し離れた田園の中にあります。
(本館は高遠町の町なかにあります。)
建物は現代の機能的なものです。事務所や店舗にいらっしゃるお客様、業者様、関係者にたいして仙醸の歴史や酒質とイメージが重なり合いブランド向上に繋がる空間にすること。また、ご先祖様が大切に保存保管されていた古道具を再生活用した空間演出をすることが目的です。
昔のアルバムをデータとして大切に収録されていました。大変貴重で思いを感じる画像を一部再生活用させていただきました。以前の蔵や蔵本様の様子のわかる画像をパネルに印刷して展示しております。

照明器具設置、テーブル設置、商品ディスプレイ前の画像です

店舗内に再生活用したもの 
酒の搾り機
箪笥長持
箪笥
徳利
百人一首の屏風
木製のスキー板
水車の歯車
杉板
古建具
看板
高膳
古書
掛け時計

株式会社仙醸様ご案内
〒396-0217 長野県伊那市高遠町上山田2432
幕末の慶応2年に太松酒造店として創業。以来140年、高遠酒造株式会社、仙丈ヶ岳にちなんで現在の株式会社仙醸へと名を変えながら酒造りの伝統を継承しています。

リニューアル前
IMG_5518小
DSC_0248小
IMG_5531小
IMG_5530小

事務所棟として使用されていました。
一部店舗として利用されていました。

リニューアル後
IMG_1570小
IMG_1573小
IMG_1569小
DSC_1567小
DSC_1588小