S醸造(鹿児島) 迎賓館

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

老朽化した店舗を予約制の迎賓館へ

S醸造

- [業種]焼酎製造販売

[依頼内容]迎賓館デザイン・工事管理
[デザイン内容]他業種店舗を迎賓館へ改装
[工事内容]室内外改装
[工事期間]2018.3.1~6.1
[担当]プロデューサー:北守、建築:槌野

■改装前の課題
元来、酒蔵見学や販売をやっていないので集客はしていないが、
全国からわざわざ蔵の前まで来てくださる方が多々いらっしゃる。
しかし、お通しする部屋がない。

■改装の目的
折角全国からいらっしゃる方に一組ずつを丁寧に接待できる空間を提供したい。

 

【外観】
期待度が高まるように、門扉から回廊を通って玄関に向かう動線とし、
敢えて見えないようにした。
数寄屋をイメージさせるように配色と植栽のバランスをにこだわった。
旧石蔵の石を再活用し、通路の敷石とした。植栽の縁石としても活用した。
竹垣(人工)越しに庭木が見えることで奥行と高級感を感じる。
側面や背面も色を統一し、横の事務所に来訪される方も意識した意匠とした。

【玄関アプローチ】
門扉からタイルのアーチをくぐって回廊を抜ける高揚感を演出した。
門の鉄扉は、固く閉ざされたイメージ。玄関は木扉で温かく迎えるイメージ。
玄関前の植栽は、外壁の色に調和させた。風で揺らいだ姿が壁や土間に風情を与える。
紅葉根元の石鉢は、旧石蔵で使用されていたものを再活用した。
門扉を開けると廊下の突き当たりだけが見える、後にこの場所に銅像が建立されお客様を迎え入れる。

【内観】
販売よりも展示場の役割を担う部屋。酒類販売はしない予定で、販促グッズのみ販売。
こだわったものを丁寧に説明しながら販売する為、コンパクトながら什器周りにゆとりをもたせた。
色合いと木の温もりで、お客様を優しくお迎えできる空間とした。
玄関からテイスティングルームを繋ぐ通路は、動線や空間の幅により程良い緊張感を持たせた。
【テイスティングルーム】
圧迫感のある空間を一部吹き抜けにし小屋組みを見せることで解放感と意匠性を出した。
入口やカウンター、展示台も大柄なものにし、ポイントごとにインパクトを感じさせた。
室内の明暗をハッキリさせることで緊張感を演出した。
後程、ソファーやカウンター椅子などの家具で空間を引き締めている。
白玉醸造の歴史や想いを動画にして、スクリーンを通じてお客様に体感していただけるようにした。

【和室】
質素な意匠と照明で、来客に心地よい静寂を楽しんでもらう。
足元に抜ける窓を設け、外との繋がりを演出することで広がりを感じさせる。
窓から見える坪庭は、季節を感じさせる植栽と水鉢を配置。浄化槽を目隠しする役目も果たしている。

【坪庭】
外からの眺め、中からの眺めその両面から和の落ち着きを感じさせる庭とした。
細長い庭は、和室からの眺めを意識して奥行と高低差での構成とした。
水鉢と甕で、清らかな水で仕込まれた焼酎を思い起こさせるようにした。
浄化槽が埋設されているため、保守点検ができるように開閉式の竹を採用した。

リニューアル前
DSC_6243.S
IMG_1647.S
IMG_1684.S
IMG_1696.S

【旧外観】
洋風で白を基調とした店舗。大きな入口が印象的だった。
外観と植栽が調和していない。
【旧内観】
旧厨房。換気フードや設備で構成された部屋。
白壁とコンクリート土間、開口部がある空間
【旧和室】
簡素で小さな休憩室。道路側に大きな窓が設置してあった。
【裏口】
室外機置き場、スタッフ駐車場、浄化槽が埋設してある。

リニューアル後
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
180621_0063.s
OLYMPUS DIGITAL CAMERA